白髪になるメカニズムとは

白髪になるメカニズムとは

白髪になるメカニズムとは

白髪になる原因は体内のメラニン色素が原因と言われています。 体からは毎日様々な栄養素が作られています。 日本人の髪の毛が黒いのも、このメラニン色素のお蔭なのです。

しかし、老化が進むにつれて、体内では作られる栄養素の量が少なくなっていくのです。 当然、メラニン色素の量もどんどん少なくなっていくでしょう。 それが原因で、髪の毛が体内できちんと染められて生えて来なくなります。 白髪のメカニズムとは、メラニン色素が生成されない事が原因なのです。

メラニン色素が作られなくなってくる一番の原因はやはり、老化です。 加齢と共に、メラノサイトの働きが衰えてメラニンの生産量が減少して行きます。 どんどん色素細胞そのものが低下して行き、白髪が生え始めるのです。

勿論、白髪以外にも原因は有ります。 遺伝や病気による白髪も有るのです。

若白髪が生えている人は稀にいますよね。 10代、20代の内から髪の毛に数本ずる白髪が混じってるタイプです。 遺伝的に白髪が元から生えている人も中には居るのです。 その他、白髪が生じやすい病状も有ります。 若白髪の原因はその辺りに有るのかも知れません。

体内の栄養素のお蔭で髪の毛は黒くなります。 当然、栄養不足が原因で白髪が生えてくる場合も有るでしょう。

普段の栄養不足や睡眠不足が原因で、若い内から白髪が出来てしまう人も意外と多いのです。 ビタミンやミネラル、タンパク質により生成されている髪の毛は、これらの成分が不足していると白髪になってしまう可能性が有ります。